核酸には、活性酸素を除去する働き。抗酸化作用がある

 活性酸素は、自動車・工場の排気ガス、農薬、食品添加物などが発生の大きな原因ですが、胃腸内での異常発酵も原因になります。                              

  異常発酵により、アンモニアやヒスタミン、インドールという毒素を発生させてしまいます。これらの毒素が活性酸素を作り出します。

 核酸は胃内の異常発酵を防ぐ栄養素です。活性酸素の害は、遺伝子を傷つけます。そのまま傷ついた遺伝子が増殖して増えるのが病気ですが、通常は異常細胞は自殺したり、免疫の力で排除されます。これが自然治癒力です。しかし核酸が不足しているとそれらが出来なくなります。

  核酸には抗酸化作用があり、腸内環境を良くするビフィズス菌を増やす働き、異常細胞を自殺に追い込む働きがあり、多くの病気の原因と言われる活性酸素を除去できます。

体を酸化させないことで老化を先送りにすることができます。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。